膣の周りの筋肉を緩めてくださいセックスが楽しい男

セックスが上手くならなくてもお店で好みの女性

その間を測っているようです風俗化手コキ
最初は太もも、そして、お尻、巨乳…信じられないくらいの柔らかさと滑らかさが手につたわってきます。なんて気持ちいいんだ…そして、射精しそうになった私は「この興奮をもっと身体で表したい」と思いました。そう思った私は腰を振り下から彼女を突き上げるように腰を動かしました。数秒の後…ううああああ~ん!!!と私はなさけない絶叫をあげました。そして美しい女性の腔内に、
ドクン、ドクンと射精しました。私はかつてない快感に我を忘れ息を荒げ、全身を紅潮させながら果てました。ただ射精したという感覚ではなく人生初のエクスタシー別次元の絶頂体験でした。自分の火照る身体と激しい鼓動を感じながら荘然と数分間横たわっていました。少ししてから私は目を開けました。すると美しい裸体の美女が眼前にいて私の上に乗っていました。少しずつ、ゆっくりと時間が流れはじめました。この、花然とした数分のあと彼女は自分の身体から私のペニスを抜きました。彼女は私のペニスからコンドームを外し精液を丁寧に拭き取ってくれました。その時はじめてコンドームを装着させられていたことに気づきました。
それくらい、無我夢中でした。
その後のことは荘然自失であまり覚えていません。言葉少なく会話をし服を着て部屋を出ました。会話が苦手だった当時の私です。彼女の美しさへの賛辞や感謝を何も言葉では伝えられませんでした。外に出た時にもまだ全身を紅潮させ花然としていました。少ししてから、童貞を卒業したという実感が湧いてきました。不思議と罪悪感や惨めさはなくどちらかというと誇らしい気持ちだったことを覚えています。私は勇気がない性格です。『風俗店に入ってセックス』は若かった私の世間知らずにより達成されました。この世間知らずと勘違いがなければ勇気のない私はまだまだ童貞
だったことでしょう。ある意味、たった30分で完全に恋をしました。この鮮烈な体験を通じて私のなかで風俗店とは何かが定義されました。『限りなく一目惚れに近い美女』に出会って数分でペニス挿入イコール、風俗店。という図式が私の中で出来上がりました。そして、次から次へと美しい女性に出会って恋をしました。

ピンサロということで本当に癒
『一目惚れして、すぐセックス』を繰り返しました。5人出会えば、1人くらいには惚れました。こうやって私は、群馬の裏風俗地帯で出会う風俗嬢に次々と恋しながら風俗依存症になってゆきました。都内と比べて、女性の容姿のレベルが高かったことも依存に拍車をかけました。その後は都内なども利用しましたが
都内ではまずお目にかかれない超絶な美人とかなりの頻度で群馬では出逢えたものでした。私の風俗依存はこうしてスタートしたのです。裏風俗ですからシャワーもなく出会って数分で挿入です。最も強烈な性体験だと言えるでしょう…お金を払えば、めくるめく快感が手に入る究極の花園でした。そして、何年もの間にわたりわたしは性の依存を深くしてゆきました。

深まる風俗依依存症

群馬の裏風俗で本番しまくりのセックス中毒になってしまった私。若く、美しいアイドル並の美女たち…都内の風俗店ではなかなかお目にかかれないレベルの美女もたくさんいました。そんな圧倒的な美女の存在。また、美人でなくても癒しの雰囲気のそして、多い女性が素朴で純朴な普通の多く、女の子たちが沢山いました。黒髪清楚な女の子に腕を絡ませられる…そして本番、挿入。そんな体験に私は完全に虜になり頭を支配されてゆきました。
めくるめく、快楽の世界。その後、仕事を辞めて実家に帰りましたが、数時間かけ群馬まで本番セックスを求めて足しげく通ったものでした。
都内の風俗もかなり利用しましたが群馬の方が締麗な女性がつく確率が断然高く、しかも値段も安く満足度が全然高かったのです。私がそこまで風俗に依存した理由…それはいくつかありますが今考えると大きな理由は恋愛依存症です。恋愛依存症とは…恋愛の高揚感や幸福感そして喪失といった恋愛プロセスにつねに自分を置いてしまう一種の心の病です。私の場合、風俗依存症であり同時に恋愛依存症でした。出会う女性たちに次々と恋してゆきました。風俗嬢は接客なので優しくしてくれる部分もあります。より魅力的に思えてしまうのです。もしかして、イケるかも…と勘違いしたりもしました。逆に、「お客さんだから
優しくしてもらえるんだ」と自信を無くしたりもしました。なので、つねにその狭間で苦しみました。
そうこうするうちに、多くの場合風俗嬢は辞めてゆきます。風俗嬢との別れは、いつも突然です。なにも言わずに彼女たちは去ってゆき会えなくなります。ほとんどの場合、告白も出来ないままの別れですが、その方が良かったのかもしれません。告白しようにも、相手の女性の気持ちを考えると傷つけたり、迷惑なだけだろうな…ひとつには、そう考えてのことでした。ときには告白することもありましたが女性に面倒がられたり嫌な思いをさせるだけの結末になってしまうことがほとんどでした。もちろん、私が傷つきたくない気持ちもありましたが…想いを伝えられないままの失恋の寂しさを感じます。
そして、また次の恋を求めます。次の風俗嬢との恋を求めます。

店に時間は長くなる

風俗嬢との不毛な恋愛サイクルにつねに身を置き、ある意味での疑似恋愛を繰り返しました。彼女たちがなにも言わずに辞めていくつらさ。もう会いたくても会えないつらさ。恋を失って心に空いた穴を埋めるため次の風俗嬢を常に求めました。風俗通いをするためにカードローンを使い借金を繰り返し多重債務者になりました。そして、精神が不安定になってゆきます。
お金の無い不安、シロウト童貞。そして私にはお金の不安のほかにもいくつもの人生や将来の不安がありました。それは…このまま一生彼女ができないのでは?
彼女が出来ても過去の風俗谷通いがもし、バレてフラれないだろうか?彼女が出来ても風俗通いがそして、やめられなかったら??私の人生は、不安だらけでした。その不安やストレスはなぜか私を次の風俗に向かわせました。おそらくその理由は、他に趣味もなく楽しいことがなく、生きる意味がなかったからでした。楽しいことや趣味は本当の意味で心底楽しめるものではなかったのです。私の人生でセックスや恋愛以上に多くを犠牲にしても手に入れたいほど夢中になれるものはなかったのです。人生に夢はひとつだけありました。素敵な彼女と付き合ってセックスすることです。その夢は数年の依存の苦しみの後についに叶いました。

『風俗で知り合った素敵な彼女と付き合って同棲し、セックス三昧』彼女とは風俗嬢として知り合いました。最初は友達でしたが、彼女が風俗を辞めてから私と付き合い始めました。20歳のときのお試しだった恋人とは違い正式な相思相愛の恋人関係でした。本当に素敵な彼女でした。人生で初めて本当に幸せだと満ち足りた気持ちになりました。彼女とのセックスは、夢のようでした。もやに包まれたかのように世界がキラキラと光り輝きました。その中で彼女がそして、-番強く光り輝いていました。屈託のない笑顔と、端正な顔立ち。女性らしいグラマラスな身体つきと豊かな乳房、流麗なヒップラインときめ細かい肌…それは完壁な美でした。
毎日のように、激しく求め合いセックスし、エクスタシーに至りました。
いろんな体位でギンギンに勃起したペニスを女性器に長時間擦り付けて抜き差しし飽きずに、朝まで抱きあいました。感じる彼女のエロティックな表情はかつて見たどんなAVよりも官能的でした。
「世界一素敵だ、愛してる」そう言いながら、美人彼女と性交しました。私は世界一の幸せ者でした。少しして、子供が出来て結婚する事になり両親とも会いました。しかし、私はフラれました。
一年ほどの後、借金まみれの情けないわたしに彼女は愛想を尽かしました。彼女と私の価値観の違いもあったでしょう。彼女は力強い生き方の、立派な女性でした。彼女は、老いて病気をし経済的に苦しむ両親を助ける為に風俗の世界で働いていたのでした。
そんな彼女にとってわたしは言い訳が多い甘えた男の子でした。会うたびにケンカになりました。彼女から、「そんなんだからこんな歳まで、シロウト童貞だった!」と言われました。んだよショックでしたが、彼女の言う通りでした。彼女は自分ひとりで生きていくと決めました。恋を失った私は、毎日泣き、苦しみ死も選ぼうかとしました。しかし、そんなドン底のなかでも私は、風俗に行きました彼女と出会う前と同じように気分の浮き沈みの激しい依存のただ中に戻ってゆきました。

セックスして情報を取るのを専門としているチンポを真琴のまんすべてから、逃げてばかりでした。自分をクズだと思いつつも風俗依存を辞められない。ストレスが重なると風俗店に行ってしまうのでした。
これが私の風俗依存症自分や他人を傷つけながら自分でそれに気づいていても風俗通いを辞められない。日々深くなる罪悪感、無くなるお金。不毛極まりない、恋愛と風俗の無限連鎖に心もボロボロになってゆきました。風俗嬢への恋と微かな希望…そして別れと新たな出会いの繰り返しに毎日ずっと苦しみました。
少しの希望と高揚感を得る為に多くの苦しみ、痛み、不安に日々悩まされていました。ですが、好みの風俗嬢に会ってセックスしている時は辛さが和らぎました。しかしある時、私は風俗依存症だとハッキリと自覚したのです。ある方法との出会いが私を大きく揺るがしました。その衝撃は、まるで脳天を
ハンマーで打たれたようでした。
「依存症を克服しなくてはいけない」と思って勉強し、自分を変えてゆくと生きるのが楽になっていきました。正直言えば今でも100%完全に克服したとは言えません。
しかし、性欲を過度に抑制することもなくストレス少なく気持ちよく生きられるようになりました。
逆に、今でも依存症からの回復法を知らなかったとしたらと考えるとゾッとします。さらに借金を増やし、自己破産していたかも知れません。周囲の人にも風俗通いがバレていたかもしれません。そうなると、女性とマトモに喋れなくなっていたことでしょう。風俗依存からの克服のため私が何をしたかを次章からお話ししたいと思います。風俗依存症は、克服できます…

そもそも依存症ってなに??

1.依存症についてキチンと知れば怖れすぎることはない!依存症回復のために私がしたことをお伝えする前に、依存症について簡単に知ってもらいたいと思います。
世の中には、多くの依存症があります。ですが、どの依存症も基本的には大差がありません。風俗依存症を知るためにも他の依存症を知ることがまずは有効だと思います。依存症と聞いて、何をイメージしますか?特に代表的なものと言えるアルコール依存をはじめ…ギャンブル、薬物、仕事、過食症、買い物依存症など、現代社会にはたくさんの依存症があります。精神医学的に、また心理学的にも社会学の観点からも…脳科学、さまざまな依存症について
多方面から科学的に、学術的にも研究されています。そして、『性』への依存。風俗依存症もこの性への依存のひとつです。プロゴルファーのタイガー·ウッズ氏が『性』依存症だと知られ、世間に衝撃を与えたことは記憶に新しいと思います。

風俗店でも同じよう

騒ぎになるのは、性の依存症が一般的にはあまり認知されていなかったということの裏返しでもあります。一般的に言われている性依存症は以下のようなものです。反復継続的性の快感をに脅迫的なまでに求める行為。
多くの場合は罪悪感をともない借金など社会生活に支障をきたしたりオナニーやセックスに過度の時間を費やす。純粋にセックス(性交)だけで考えると女性の方が男性よりセックス依存症になりやすいと言われています。男性の10倍以上あると言われる強いオーガズムがひとつの原因です。
また、人並み程度の容姿であればパートナーを見つけるのは難しくはないかもしれません。逆ナン出会い系など…リスクも高いにせよ、その気になればいくらでも手段はあります。そういったいろいろな要因で女性はセックス依存を深くしてゆきがちです。逆に、男性のセックス(性交)への依存は少ないと言われています。パートナーを見つけるのは女性より難しいため、依存の形態も変わります。タイガー·ウッズ氏のように不特定多数の女性をパートナーにする性依存症はどちらかといえば少数派です。多くの男性の場合は以下のような依存の形態をとります。
『性的妄想に長時間費やす』『AVを時間の限り見続ける』『長時間のオナニーをする』
このような依存になります。もちろんセックスが一番の依存でしたいことだとしても現実にはなかなかパートナーを持つことはできないものです。他の選択肢があらわれます。ですので、『お金を払って性的サービスを受ける』つまり、風俗を利用するのです。
「奥さんや彼女にバレたら傷つける」
「もう、お金がない。借金がヤバい…」などと頭ではわかっているのにやめられない。性依存症の典型的な状態です。これは、依存症の大きな特徴として、『意志の力ではコントロールできない』というものがあります。
意志の力で依存症を治そうとすると…意識の力で抑圧した衝動が限界を超えるとより悪化した形で依存行為が表出するのです。
仮に一時的には我慢できてもどこかで欲望が噴出してより依存行為を深めてしまいます。意志の力やガマンだけで治そうと思ってはいけません。このガマンでなんとか治そうというような根性論的な考えが蔓延しているのが今の世の中です。なかなか依存症が治らない知られざる理由です。そして、ガマンせずに依存症を治す具体的な行動やアプローチはまた次の章以降でお伝えしてゆきます。アルコール依存症や風俗依存症は、薬物依存症や過食症などとと同様の立派な心の病気だと理解してください。『依存症とは快感を求めて反復的に依存行為をして心身の健康を害するもの』です。どんな快感も、いずれ冷めます。
例えば、美味しいものを食べても…最高の映画や音楽に感動しても…ギャンブルで勝利の快感に酔いしれても…買い物をしたときの爽快感も…
どれも、必ず快感の持続時間には限りがあります。また、その快感が終わると次の快感を求めるのが依存症です。そのプロセスは、アルコール依存や薬物依存のような物質を仲介した依存であっても、風俗依存のような行為への依存であっても同じです。依存症のキーは、にあります。脳内物質依存行為の時に出た、脳内物質のドーパミンやβエンドルフィンなどが快感や悦惚感をもたらします。脳内物質の多量分泌もいずれ終わります。しかし、するとまた快感を求めて依存行為を繰り返すようになります。

風俗嬢のお尻をさわると鳥肌のようなものが立っていてザラザラとしている

脳内物質がきれたら、求める。その繰り返しは全ての依存症に共通するプロセスです。そして、繰り返すうちに、耐性ができて依存行為が物足りなくなってゆきます。量や、時間や、回数が増えていくのです。
風俗依存症ならば、より長いプレイ時間やより美女を求めて高額な店に行ったりするかもしれません。プレイ内容に過激さを求めたり利用する日数が増えたりしてゆきます。私も何度も経験があります。女性との相性が悪く満足できなかったときは次の店で欲望を満たす…必ずと言っていいほど風俗店のハシゴをしてしまっていたのです。今となってはそんな不毛なことをすることもありません。
それに、すでに快適な生活をして気持ちよく暮らしているひとにアドバイスを求めると圧倒的に人生が向上するのを知っているので何も怖くないのですが…人生に道しるベや先輩の存在がなくしかし、暗闇で迷っているようなものだとどんどん依存症の深みにはまってゆき身を滅ぼすことになってしまいます。深い依衣存症ならではの恐ろしさです。これも、
風俗体験によって得られた悦惚感…そしてその快感が冷めるとまた次の風俗体験を求めてゆく。依存症のキーと依存症回復のキーは脳内物質にあります。依存症を治そうと思ったら脳内物質のことを知る必要があります。脳内物質とは、つまりホルモンです。ホルモンを知れば依存症は治ります。これは大げさではなく、私の実体験からもそうですし、これからの健康や医学の世界で最も重要なポイントになっていくと言われています。事実、日本よりも健康への注目度も高く進んでいるヨーロッパやアメリカでは一足先にホルモンのブームが来ています。
「ホルモンが健康や人生の多くを決める」大げさではなくそんな時代が来ているのです…

依存症と脳内物質との密接な関係

依存症になるのが脳内物質の影響なら依存症を克服するキーも脳内物質にあります。あなたが今依存症に苦しんでいるのであれば脳内物質のことを知る必要があります。脳内物質…つまりホルモンです。ホルモンを知れば依存症は治ります。ホルモンの分泌を増したりバランスを整えることで多くの変化があらわれます。肌艶が増し、頭髪の向け毛も減り行動力や活力も増します。そして脳のキレが増し、判断力が出ます。
悪い衝動や欲望が起こってもそれを心を調和させたりできるのです。抑えたり、そもそも、衝動性自体を減らすことができます。性衝動が起こっても適切な判断ができたりしますし、性衝動の質も変わってソフトになったりしてゆきます。
これもすべて脳内物質の恩恵です。つまり、脳内物質のことを知って実践すれば依存症が治るのです。

      中出しされた事ごめんなさい私バイブあれを試してみたいと言われてやってみ
      股間以外に男を知
      風俗や性への依存症の大きな原因なのだ


チンポを真琴のまん また続いているという 風俗嬢に愛撫してもビクリともしない方がいて