挿入を始める声を洩

乳首の上に持ってい

セックスの感じ方

最後に…伝えきれなかったどうしても伝えたいこと風俗依存症は、多くのものを失います。多くの金銭を失い借金地獄になるかもしれません。愛する彼女や奥さんを傷つけるだけでなく慰謝料を請求されて、あなた自身も苦しい立場に追い込まれるかもしれません。
不毛な風俗嬢との恋で心身を疲弊してしまうかもしれません。実際私自身も出会う風俗嬢に次々に恋し恋に破れ、風俗に依存し、恋愛に依存し金銭面と精神面の両面でボロボロになりました。これ以上失いたくないと思いませんか?この本では、依存症の回復のための具体的なストレス解消や健康法生活習慣からのアプローチを中心にお伝えしてきました。キチンと実践すれば、依存症の回復に大きな成果がありますのでぜひ実践してください。依存症への社会の無理解。そして、
これが依存症からの回復をさらに難しくしているのです。私も、人の痛みのわからない人に何度も中傷されたものでした。この苦しい現状と社会に憤りを感じています。この本でお伝えした具体的な日々の行動はとても大切なものです。わたしが今依存症の苦しみから解放されたのは行動の変化によるものです。温冷シャワー、朝ウォーキング、腹式呼吸、栄養改善…すべて大切です。また、オナニーテクニックであるひとりセックスもとても大切です。それらは間違いなく依存症を軽減させてくれるものです。知識は大切です。
ですが、その知識を活かして行動するのはその何十倍も大事です。行動しなければ何も変わりません。タダの勉強オタク、読書オタク、
ノウハウコレクターで終わってしまうのです。わたしは、この依存症まみれの狂った世の中を変えたいと本気で願っています。依存症、自殺、独身、孤独、未婚、童貞、セックスレス、恋愛賛美、AVの悪い洗脳…そして、風俗嬢や女優さんの社会的な低い地位。鳴されてAV出演。ヤクザの世界で言う風呂に沈める…こんな狂った世界です。『とは女性を願して風呂に沈める』ソープランドに斡旋しお金をもらうというおな人身売買です伝統的値段は美人であれば
100万円だと言います。
世間知らずな風俗依存の当時のわたしは『風呂に沈める』という言葉も知りませんでしたが…私が接客を受けた女性の何人かはそうだったかもしれないと思うと心が痛みます。癒し系で人柄がいい…最高のサービス。そんな女性こそひょっとして馬されて望まない風俗の世界で働くことになったのかもしれないと考えると本当にツラいことだと思います。
この世は多くのことが狂っています。女性を慈しみ、思いやりのなのに、ある丁寧なセックスをして何度も女性をオーガズムに導くことがことができてもパートナーに恵まれない男性が多数いること。逆に性欲を満たすためには逆ナンや出会い系や場合によっては風俗や結婚相談所など何らかの
リスクを冒す必要がある女性たち。何かがゆがんでいて狂っています。こんな狂った世界を変えたいと本気で願っています。そんな思いに共感してくださるあなたはぜひお話しさせてください。もちろん、今の私はまだそんな大それた夢やビジョンを達成するには程遠いです。あなたも今は借金やそれに、お金の問題や精神的な苦痛など差し迫った大きな問題があると思います。まずはそれを解消し、そしてその後美しい女性との長時間セックスや良好な結婚関係の維持などのビジョンを叶えましょう。ですが、すべて夢ではない。私はそう信じています。風俗や性の依存から脱出すると日々が全く変わってきます。

風俗よりも何倍も気持ちが良い

デリヘル嬢が来てくれたところから風俗嬢の関心事

何気ない食事が美味しくなり健康的な趣味ができ、新しい友達もできるかもしれません。たまのオナニーは、並みのセックスをはるかに超える快感になります。もちろん、セックスはさらに快感に…そんな日常がやってきます。そして、吹き抜ける風に感動しちょっとした運動にエクスタシーを感じ脳内は常にクリアです…しかも、お金の心配はもうありません。今までのような暗黒の日々にもう戻らないためにも、あなたはこれから変わるのです。狂った世界は、美しくもあります。光があれば闇もあるのが世の中の摂理です。あなたはもう十分に闇を知りました。多くの人が知らないディープな世界を知り依存症の闇を生き、苦しみました。

まず最初に、今生きているこの社会がどうなっているのかを知ってほしいと思います。依存症を軽減していくためにどんな視点が必要なのかお話します。特に何も意識しないで生活していると依存症の危険が非常に高い世の中なのです。このことをまずは知ってください。1.昔からよく知られるマーケティング手法、性欲を刺激すると物が売れる不思議この世の中は巧妙なマーケティングが張り巡らされています。そして、気づかないうちに多くの人が依存症になっています。物やサービスを売るためにあらゆるものの刺激がどんどん強くなってゆきます。に、判断能力を奪い中毒にさせられます。
まずその事を知ると世の中のオモテとウラが見えたり売り込む側の視点が見えてきたりします。
そして、衝動的な消費をすることが減ります。オナニーや風俗の依存症の解消だけでなく色々なメリットがあるので知ってもらいたいと思います。最初はあなたの思っている常識とかけ離れているからびっくりするかもしれません。正直、気持ち悪く感じる人もいるでしょう。その場合は頭の片隅に置いておくだけでも効果があると思います。世の中を見るための視点のひとつとして参考にしてもらえればと思います。
突然ですが質問です。さて、オナ禁がブームともこんなに言えるほど騒がれているのは何故なのでしょう?
考えたことはありますか?そもそも、この社会に疑問を抱いたことがないかも知れません。しかし、現代社会が考えると不思議なほど性的な刺激に満ちている理由は何故なのでしょう?性の依存症の存在を知ったのはいつのことだったでしょう。最近のことですか?それとも、前から自覚しつつもなかなか依存症から回復出来ずにいたのでしょうか?自分が性に依存していると自覚したのはいつのことだったか…私も自分が異常だなどと思ったことはありませんでした。
毎日オナニーするくらいは当たり前だと思っていました。
それもそのはずです。現代人にとって毎日オナニーをすることは確かにそう珍しい事ではありません。実際、日本人男性の4割程度はなんらかの形で性に依存しこころの健康を害しているという統計もあります。ですので、私がオナニーし過ぎで異常であるなら、みんな異常で狂っている。以前の私はそう思っていました。依存症について研究を重ねた今ですが、だからこそわかることがあります。そもそも狂っているのは社会の方ではないか?ということです。間接的なセックス塗れのこの社会。直接的、世の中を知れば知るほど依存症を大量生産するようにシステムされていると
思わざるを得ないのです…どういうことでしょうか?

 

デリヘルの事務所たっぷり時間をかけて愛撫前戯

ちょっといま生きている日本社会を考えてみてほしいのです。
テレビ、雑誌、AVなどのポルノ産業、風俗産業、芸能界…あらゆる業界で、必要以上に性的過激さが増しています。そして、人びとは常に刺激にさらされています。世の中に常にある性的な刺激が当たり前になっているので気付きにくいかもしれません。ですが、じっくり考えてみてください。例えば、あなたが性に目覚めた中学生とかそれくらいの頃を思い出してください。水着美女のグラビア写真ですら激しく興奮したのではないでしょうか?ギンギンに勃起しませんでしたか?
水着でオナニーできませんでしたか?
ですが今となってはちょっとでも好みでない女性のAVはすぐにスキップして心底好みの女性のアダルト動画だけでオナニーするような習慣になっていませんか?また私はいつだったか職場でイスラム教の外国人と一緒に働きました。彼は、通販カタログの小さな下着の写真の女性モデルに異常に興味を示していました。私の国では考えられない「下着を売るのに、女性モデルは必要ない」
無益な性的興奮は悪だとかなんとか言っていました。ですが、彼が性的に興奮しているのは明らかでした。彼は脳裏に焼き付けるように写真をじっと見ていました。このように、本来の男性にとっては水着や下着の写真ですら充分に刺激的で過激な性的刺激なのです。
しかし、今の日本社会を考えるとどうでしょう?水着美女の映像や下着姿どころの騒ぎではありません。すこしスマホやPCをクリックすれば無料の過激なAVがいくらでも見れます。AVを見ないとしても…美人もしくは巨乳のアナウンサー、露出の激しいアイドル、象徴化されたセックスのイメージ。ある意味サブリミナルの『性のメッセージ』が常にあります。テレビ、広告、インターネットなどいたるところに散りばめられています。
こうやって我々はそれと気付かずにセックスや性を深層心理に植えつけられます。実はこれには理由があります。性欲を刺激するとモノが売れる。実は、これは昔からよく知られた有名なマーケティング手法です。
人間の脳で最も古くからある部分本能に直結するあたりが刺激されるとモノが売れるのが統計的に証明されています。
例えば、男性向けの雑誌を思い浮かべてください。オートバイの専門誌なども表紙がなぜか水着美女なのはおそらくこのあたりの理由が大きいと思われます。他にも、青年漫画雑誌、男性向け週刊誌、マージャン雑誌、パチンコやパチスロ雑誌、各種趣味の雑誌志など…挙げればきりがありませんが、なぜか水着美女が表紙のものが多いです。華やかさの演出と言えばそれもそうかもしれません。もっと売りたい、儲けたい。とはいえ、企業たちの本質はそこにあります。競争は年々激化、より刺激的で過激にこの資本主義社会ではなっていくのは正常なことなのかもしれません。正常な市場の競争なのかもしれません。

チンポを真琴のまん

デリヘルでも三店

ですが、マーケティングやストレスに翻弄される大衆にとっては厳しい現実でもあります。そうやって、世の中はどんどん過激な性的刺激に溢れていっているのです。

社会が依存症を積極的に作っている~ポルトガル薬物依存の例

依存症の研究を始めてから私は、知ったことがあります。それは、先ほどまで言っていた『社会が依存症を作っている』という意見を現実の結果で証明していました。実はいま、依存症に関しての壮大な社会実験が行われています。もう結果が出ているので実験は終わったと言ってもいいかもしれません。それは、性の依存症ではありません。薬物の使用が合法化されたポルトガルでのことです。
依存症のメカニズムについて知ると風俗やオナニーの依存も、薬物依存も実は大差がないということに気付きます。ある行為で快感を得る→快感を繰り返し依存する→頻度や程度がどんどん増える→社会生活に支障をきたす→依存症
このようなプロセスはどのような依存症であれ同じで脳内で起こっていることもよく似ています。薬物依存症の例であっても大変参考になるのです。以前のポルトガルは、依存症に関して世界最悪の国だったと言われています。なんと、人口の1%が薬物依存症でした。
薬物依存症は深刻な社会問題となり政府は多数の患者を施設に収容し更生するための財源などに苦慮していました。薬物依存症者の再犯率の高さ。そして、これらに頭を抱えていました。あなたは、薬物依存に関してどのようなイメージをもっていますか?
いままでの常識では、薬物依存症者は薬物の持つ依存性のために薬物からはなかなか足を洗えない。-度薬物に手を染めると依存症からは抜け出せない。そしていずれはまた薬物に手を出し、再犯を犯す。
こういう考え方が主流でしたがあなたもそう思っていませんか?わたしもそう感じていた時期がありました。そして、その考えに従って社会は依存症者を恐怖で管理しようとしました。法律で規制し、破ったものには罰を与える。さらには社会的にも制裁を与えてきました。
薬物の使用や所持を禁止しつまり、販売や購入などを厳罰化してきました。法律や刑罰による抑止力に期待し社会的にも風当たりを厳しくしてきました。そこまで大した中毒になっていなくても芸能人が薬物中毒になって逮捕されると大々的に報道します。かれらは、恰好の広告塔だからです。薬物中毒になるとこんなに社会から冷たくされて非難されて仕事も干されて大変なことになるよ…だから薬物はやめようね。そういうメッセージなのです。
依存症者は可能な限り締め付けどんどん厳しく取り締まろうというのが世の中の流れでした。
これが、この100年この世界で常識とされてきたことです。アメリカや日本もまだまだこういった考えで薬物依存を規制しています。『依存症者は人でなしだ』と人間性まで否定し、一度足を踏み外したら容易には更生することができません。個人的には社会的システムとしては問題があると思っています。さて、ポルトガルの話に戻ります。以前のポルトガルではその社会を触む依存症問題にむかって当時の与党と野党の党首が話し合います。そしてある大胆な決断をします。薬物の合法化でした。画期的な、ここが重要なのですがそして、それにともなって依存症者の社会への
受け入れ体制を整えてゆきました。

 

エッチなおもちゃを使いたいと思っている人

例えば最近の世の中を見てみるとどうでしょう?景気が悪くなって買い物依存症の人は減ったようです。ですが、その人達はかわりに無料でゲームやインターネットなどの娯楽に触れられるスマホに依存しているかもしれません。あなたが仮に風俗の依存症を解消してもかわりにオナニーに深く依存してはやはり同様にツラいことになります。
無料ゆえの深みにはまることになります。仮にアルコールやギャンブルに依存したら病気や借金などのもっと深刻な事態になるかも知れません。依存症を根本的に治す必要があるのです。
我々が考えるよりもずっと巧妙に社会は依存症を製造しているのです。どうでしょうか?思った以上に恐ろしい世の中だと感じませんでしたか?正直、あまりに不都合な真実なのでテレビなどのメディアでは報道されることは絶対にありません。当然ですが、テレビでこんな内容を放送してしまったら、広告代理店やスポンサーから猛クレームがきてしまいます。彼らのビジネス自体が成り立ちません。彼らは大衆を夢中にさせ、ときには依存させてでも消費を煽るのが仕事です。さらに、これも当然ですが、ベストセラーになるような一般の書籍でも絶対に書かれることはありません。
マーケティングの専門書や一般向けでないビジネス書ならこういった深い販売心理学について触れているものもあります。
ですが、一般向けの書籍はもう少し耳当たりが良くて読んだ人の気分が良くなるものだけが書店に並ぶようになっているのが今の世の中です。そんなことはないでしょう?とか、あまりにビックリして信じられない!嘘だ!!とあなたはそう思ったかもしれません。
だとしたら、それはそれで構いません。自分の目で見て、触って、感じて確かめたものだけを信じることを私も常に意識してます。こういった社会的な問題点をただ、売り込む側からの視点で知っておくと「依存症の軽減に役立つのではないか?」と私が感じたからシェアしただけです。人によっては時に落ちてこれだけで依存症の軽減につながるでしょう。多面的な見方ができて、冷静になれる。何かを売り込まれたときに一歩下がって考えられる。
こういった視点が見つかるかも知れません。この視点に気付きさえすれば性欲過剰のマーケティングと意識的に距離を取ることができます。そして、最終的には依存症から回復することもできます。そして、安心してください。ここまで読んでわかったように依存症になったのは実はあなたのせいではありません。

風俗嬢に支払うお金


つまり、薬物依存症者を取り締まることに使っていた莫大なお金を別の用途に使いました。元依存症者が社会に戻ってその分のお金を働く場を与えることに使ったのです。いままでの罪と罰の方向性をやめました。依存症になってしまった人を社会に暖かく迎えるように大きく政策の舵をきったのです。その壮大な社会実験の結果はどうなったと思いますか…?なんと、依存症者はこの10年で半分になったのです。依存症だった人が朝起きて仕事に行く。多くの人が朝起きるべき理由を見つけ社会とのつながりを見出したのです。これの意味することはなんでしょうか??
私が思うにおそらく、英米や日本でのいままでの常識や方法論、つまり
『依存症者に刑罰を与えて抑止力にする』やり方はもう古いのだと思います。ポルトガルの事例は、刑罰を与え抑止力にするよりも成果をあげている『依存症対策の最先端』でしょう。すでに、薬物が合法化されている国もポルトガル以外にも多いものです。国が変わると、重罪も無罪になるのです。そう考えると常識はいかに脆くて妄信するのが危険なものかもわかってくるものです。依存症者を取り巻く環境を変えることで依存症は減らせるのです。ポルトガルの事例はそのことが実証されたのです。そして、これは薬物依存に限ったことではありません。依存症のメカニズムやプロセスは性の依存症も同様です。『環境が依存症を作る』のです。
性やセックス依存の風当たりが強いのは犯罪者依存症をとして更生施設送りにするいままでの社会の延長だからです。薬物依存症の扱いと同様だからです。依存症は、悪いこと。依存症になるのは意志が弱いから。
依存症は法を犯してまで快楽を求める…そういう先入観で見られます。実際には依存症者を社会的に責めたりしかし、罰しても、依存症は治らないのです。これはポルトガルの事例でも証明されました。これからは、依存症者は罰したり責めるのではなく受け入れることが大切になってゆきます。世界的な依存症についての考えの主流になっていくと思われますが大きな流れになってゆくにはまだまだ時間かかることでしょう。日本の社会は遅れています。特に、日本の社会も、このことに早く気づくべきなのです。
新しい依存症対策が必要なのです。
そして、日本の社会が世界的にも依存症になりやすい刺激とストレスに溢れた社会であるのは間違いがありません。ストレスで疲れた人びとに…『社会的マーケティング』の魔の手が襲いかかってきます。性的刺激を与えることも含めて、販売戦略であり、マーケティングです。モノやサービスを売ることはある意味では依存症を生み出すことです。彼らはビジネスであり、利益を生み出しお金を稼ぐことに罪悪感はありません。全力でお金を搾り取ろうとしてきます。日本の場合でも、ありとあらゆる依存症が存在します。身近な例でも、アルコール、スマホ、インターネット、ギャンブル、買い物…そして性への依存症。無料のAVが氾濫し、物やサービスを
売るためにもメディアは性的刺激に溢れているのが当たりまえです。特に性的な依存症になるのはあっという間です。そして、仮にあなたが性の依存症から脱出できたとしても、正しい依存症の知識と付き合い方が出来ていなければ次の依存症の餌食になるだけです。

風俗に行った時は本