チンポを真琴のまん

エッチしてその日は寝

セックスはふたりの性欲を強烈に刺激瞳さんはパンティを脱ぎ

失敗を重ねながら辞めていく

失敗を生かしていく、最初からうまくいくことは少ない辞めることを続けることが一番の方法です依存症は人や物への適切な頼り方を見失っている状態です自慰を自分ではコントロールできない精神的パニックは依存行動に走らせますしかし根本は何も解決しないので再びパニックになり依存行動を繰り返します自慰により強制的にドーバミンを出すことを繰り返してると、神経はいつまでもドーパミンを出して続けてはくれませんドーパミンの分泌には限度がありますそして自慰をしない時には、ドーパミンが枯渇し分泌されにくくなってしまいますこれは代償性感受性低下と呼ばれる現象です強制的に自慰により刺激を繰り返したために報酬系の神経が鈍くなっていますこの代償性感受性低下の進行とともにドーパミンの分泌も少なくなっていきますそのため神経が鈍くなっていき普段の生活でもドーパミンによって得られる安らぎや幸福感が得られなくなっていきます自慰などの依存行為は将来感じるであろう些細な幸せを先どりして使い切ってしまうことです
日常生活はとてもつまらないものになっていきます例えば好きな物を食べているとき幸せな気分になるはずですしかし依存が進んでいくとドーパミンは分泌されず好きなものを食べても幸せを感じられなくなっていきます最終的には自慰以外では幸せが感じられないようになっていき意欲も低下していきます
進行重度化長い間の依存症で身についてしまった思考は変えることは難しい依存症の人の多くが優先順位がめちゃくちゃになっています仕事、子供など様々な問題が生きていればありますがお金の問題、人間関係、普通の人であれば優先順位を考え一つずつ片付けていく、しかし依存症の人の多くは優先順位をつけることができませんどれから手をつけていいかわからず混乱し逃げるために依存行為を行います一時的に気分がよくなり、目を背けられるが、問題は解決しておらず再び混乱しそれから逃げるために依存行為を繰り返します進行していくと自分の意思では制御できない状態になります道を歩いていても、何をしていても依存の対象にしか目がいかなくなっていき、そのことしか考えられないようになっていきますそのことで自己評価も低くなっていきます意思が弱くってと自分を責めるようになってしまいます快楽を伴うものは例外なく依存症になる可能性を秘めています依存が進んでいくと、他のことでは満足できない何よりもそれが大事で優先されるものに変わっていきます最終的にコントロールできなくなっていきますその欲求を例えるなら

海で遭難して飲水が

なく、のどが渇き水を飲みたい、ついには我慢できずに海水を飲んでしまう飲み続ければ死んでしまうとわかっていても止められない飲めば飲む程のどは渇いていき欲求が強くなっていく死ぬまで海水を飲み続けてしまう
自慰は他の依存行為と比べると簡単にしかも早く強烈な快感を得ることがことがストレスの解消や逃避のための行為にさせています依存症は不可逆で治ることはありません進行を止めることしかできません一度コントロールできない状態になると元のコントロールできる状態には戻りません一生付き合っていくことになります重度の自慰依存の人が一定期間自慰を断つとの状態になったりするネット等掲示板ではスーパーサイヤ人、覚醒等呼ばれている自慰をしない期間がある程度続くと脳が正常な状態に対応しようとする依存によりドーパミンの感受性は強いままになっており脳が正常に戻ってくるとドーパミンの分泌も正常に戻ってくるこのことでの状態が生み出されていると考えられます重度の自慰依存の人の休日の過ごし方自慰依存が進行していくと休日のほとんどを性的なものを観たり、自慰に費やすようになってきます休日に外出せずに自慰をしていたということがある人は要注意です自慰をすれば一時的に欲求がなくなります少しすると疲労感がでて自己嫌悪に陥りますその苦しみから逃れるために再び自慰を行い休日ほとんどをこの繰り返しで過ごしてしまいますさらに進行していくと性的なものに多額なお金や時間をかけるようになり仕事も手につかなくなっていき日常生活を営むのが難しくなっていきます
コントロールを失っていくと犯罪すら起こすようになっていきます最悪の場合は「行動も思考も自分でコントロールできない状態になっていく」

ドーパミン実験

ドーパミンを分泌をなくしたネズミの実験ではそのネズミは意欲が全くなく食事するらとらず水も飲まない状態になったドーパミンを投与すると食事や水を取るようになった重度の依存症はこのネズミと同じ様なことが起きており生きる意欲すらなくなっていきます

お尻は舐めないで下

回復

依存症は回復の方法はあっても明確な治療の方法はありません繰り返される依存行為により、脳のシステムが変化をおこしており、元に戻ることはありません身体が覚えている状態で、たとえ何年自慰を禁止しようと元に戻りません一生付き合っていくしかありません依存症の人の多くが他にも生活に問題を抱えている場合が多いやめることは難しいことであるません、やめている状態を続けていくことが難しいのです少しだけなら大丈夫という思いが少しでもあると、すでにコントロールを失っているいるので、少しでも依存対象に触れると元の依存状態に戻ってしまいます現在の依存の治療依存症の治療において安易に薬を出す医者が多く緊急の場合は必要ですが精神に影響する薬の多くは副作用が大きく人格すら変えてしまい元に戻らないことすらありますそのことに対する説明もたいして行わず処方されています精神に対する医者の多くは自慰依存に深い知識を持っておらず症状や病名だけをみてそれにあてはまれば副作用が大きい薬であろうと平気で処方される可能性があります副作用や経過を重要視していない医師が多い依存症の問題のほとんどは個々の原因であり、病気、症状を抑えれば回復するものではありません個々の問題を解決していかなければ依存性を回復させることは難しい依存症を治すには時間がかかり例え何年依存しているものを断ったとしても
再び依存しているものに一度でも触れれば元の依存症の状態に戻ってしまう安易に症状だけに焦点をあて薬を出すのは危険である依存しなくっても大丈夫な状態になる薬は存在しません長い時間かけて依存行動を断っていくしかありません根本的な治療が必要であるその人の社会での生きずらさを理解し人間関係、ストレスの解消方法、社会での生き方など学んでいき、依存するものに頼らなくっても生きていけるようにしていくことが長期的な根本的な治療になっていく依存症は完全な治療はというものはありません依存行動をすればすぐに元の状態に戻ってしまいます行動だけ抑えても意味はありません他に依存するようになります依存しないでも生きていける環境、能力、依存以外でストレスを解消周りの環境を整えていく必要がありますする方法を学び相談できる人を作ることが効果的です依存症になるにはほとんどが長い時間かけてなるものです元に戻すのにはそれ以上の長い時間が掛かりますもし禁欲に失敗したとしても自分を責めないようにしましょう依存症は意志の力ではどうしょもないのです禁欲していくと徐々に安心感や幸せが得られるようになってきます依存症で歪んでしまった人格も元に戻ってきます自慰依存について自助グループ現在ネットで様々な掲示板があり中には自慰を禁止するオナ禁をしている人がいる情報を共有していくのも効果がある
自分だけが悩んでいるのではないという気持ちが大切です
回復その他自慰依存の治療の第一歩は自分が依存症であると自覚することです急に習慣になっている自慰を辞めると、イライラしたり、落ち着かなかったり、耐え難い衝動に襲われるようになります習慣になっている場合ほとんどの人がそう感じます依存状態でなのでこのような反応が現れますこの依存の状態を勘違いして、自慰は身体が欲しがっている必要な行為であると多くの人が思ってしまします自慰は生きていくために必要のない行為ですただ依存の状態になっていてそのことに気がつかないだけですタバコやお酒と同じように止めるといらいらしますなぜ人はやめられなくなるのか心地よいと感じると脳の快中枢が刺激されていき脳内麻薬が放出されます特に自慰における脳内麻薬は強カですこの脳内麻薬も長い間使用されることで身体に耐性ができ量を増やさなければ満足できないようになっていきます日常の楽しいことを経験すると脳内麻薬が発生しますしかし依存性により脳内麻薬に対する耐性ができてしまうと楽しいことやうれしいことを感じない異常な状態になっていきますささやかなことでは何も感じられなくなり生きていくのがとてもつらいものになってしまいます
性犯罪者の多くはすでに依存になっており、自分の意思ではコントロールできません重度の依存状態になっており、治療が必要な状態ですそういった犯罪を減らすためにも、自慰依存を防ぎ回復していくシステムが必要なのかもしれません多くの人が自覚してなかったり、認識がないことで女性や弱者カの弱い人が狙われ被害者になってしまいますコントロールでできなくなる前に依存を本人、周りの人が感知して適切な治療をしていくことが大切です現在の医療では自慰依存に対してあまり研究がされていません自慰依存がどんなものかを多くの人に知ってもらい適切な治療が必要なのだと思います自慰依存性が重度化していなければ依存行動を辞めることで次第に依存は治っていきますどんな依存性でも依存対象を断つこと以外に回復する方法はありませんただの習慣なら改善することは可能です自慰は依存性になりやすいということを理解し嫌なことがあったからという理由やストレス発散を目的で自慰をしないことです習慣になっているのなら出来るだけ辞めるようにしましょう

依存性を一気に回復させることは不可能です

地道に自慰を辞めている状態を続け下記のように基盤を作っていくことが自慰依存回復の一番の方法ですの少しいい加減な性格になって力を抜くようにししてストレスは溜めないようにし自慰以外のストレス発散方法を見つけるの目の前の問題を解決できるだけの力をつけるようにすることで自慰に逃避することがなくすこと

よい人間関係を作って、他人に力を求められるようになる

のドーパミンの分泌を正常にするように、適度な運動、バランスのとれた食事、規則正しい生活を心がける
時間を掛け依存行動を断つことが唯一の回復方法です

再発

自慰依存の人の多くは自慰を行うを正当化します一回だけなら大丈夫と思っておりしかし依存症はコントロールができない病気なので際限なくおこなってしまいます依存症は体や脳が忘れることはありません水泳や自転車の乗り方を一度覚えたら忘れないように依存症は一度なってしまうと消えることはありません少しでも触れるともとの状態になってしまいますとことんまでやるようになってしまったり周りの人間に迷惑をかけるようになったらその状態は性的なものを一生断つしかありません性犯罪者の更正は難しく再犯率が他の犯罪と比べて高いのはすでに依存状態になっており少しでも性的なものに触れると歯止めが効かない状態になっている可能性が高い例え何年断とうと泳ぎ方や自転車の乗り方を忘れないように依存の状態はなくなりませんん現代社会では性的なものを完全に断つことは難しくテレビ、ネット、性産業にあふれておりと普通に生活していても目に入ってくるこのことが依存を強くしてしまっています花粉症などのアレルギー症状に似ておりある一定までは花粉は無害なのだが一度花粉症を発症すると症状がでるようになります
発症したら少しでも花粉に触れるとアレルギーが現れます花粉を完全にシャットダウンすれば症状は治まるが花粉に反応してしまうという体質は一生治りません依存症はこれに近いしかし重度の依存性でなければ依存行動を断つことで時間が掛かるが回復していくことができますしかし注意したいのが一定期間自慰を禁止して再び自慰をするそしてまた禁止して行うということを繰り返していると依存を強くしてしまいます禁止をすることで自慰がより貴重なものになっていき余計にはまって禁止する前よりもひどい状態になってしまうこともありますこれが依存症の回復の難しさであり辞められない理由です何ヶ月、何年と自慰を禁止したとしても再び行うと前の状態のハマッている状態に短期間で戻ります一度依存状態になると長い期間禁止しても元の状態に戻ることは難しものです
依存症を再発させるきっかけになるもの

アソコへと入っていき

ストレス

様々なストレスから依存行動は再発します身近な人や世の中に対して強い怒りを覚えた場合も再発の可能性が大きくなりますなので感情を上手に処理して相談できる相手を作ったりストレスをうまく発散していきましょう

寂しさ

依存症の人は常に寂しさを感じていることが多い人間関係がうまくいかないことが多くその中で孤独を感じてる場合がありそのことが依存症を再発さる寂しさを紛らわすために依存行動をしてしまいます何でも話せる友人や人間関係を作っていくことが大切

疲労

身体的な疲労はもちろん精神的な疲労からも依存行動は再発します疲労を溜めないようにして無理をせず休息をしっかりとることが大切です
はじめに今はなき群馬の裏風俗地帯でアイドル系から清楚系まで…いろいろなタイプの美女達と本番挿入セックスの日々。即、性交。出会って5分で、そんな過激な風俗に22歳の童貞だった私がのめり込みました。その後も、ソープランド、ファッションヘルス、ピンサロ、イメクラ、おっぱばいパブなど…店舗型の風俗が全盛だった当時あらゆる業種の風俗に行き借金を増やしてゆきました。辞めたいのにやめられない…ある時、私は依存症なのだとハッキリと自覚したのです。
風俗依存症おそらく、私のほかにも同じような悩みを持っている人がいると思います。風俗依存症を相談できる人がどこにもいなく、増える借金や罪悪感に苦しい思いをしているかもしれません。苦しさのあまりに風俗依存を友人に打ち明けたのですがその無理解に憎然としました。
心の専門家であるカウンセラーなら…そう思い相談するも、効果は少ない。そして、その孤独感から風俗嬢に報われぬ恋を繰り返す…これは、他ならぬ10年前の私でした。
「解決法など、ないのではないか?」そう、絶望したこともありました。しかし私はいま、100%パーフェクトではないにせよ依存症を克服しました。
以前のレベルから言えば限りなく100%に近いと言えるレベルだと思います。そして、趣味や夢を持って気持ちよく生き少なくとも性の欲求を過度に抑圧する事健全に生きていると自信を持って言えます。なく風俗依存症の克服は可能です。しかも、性欲を抑圧したりもしません。ガマンせずに自然な形で風俗依存から脱出することは可能です。いま風俗依存症を克服しようとしている…そんなあなたに、なにかのヒントがあることを願ってこの本を書きました。風俗依存は、人になかなか理解されません。
「ただちょっとエロいだけでしょ?」多くの人は大して関心もなくそう思っていますが、現実はそんな簡単なものではありません。は複雑です。風俗依存症色々な要素が絡み合って依存症になるので「ちょっと心理学を勉強したから」

セックスどころではなかった愛撫さえ風俗に行った時は本
心療内科に通ったら「薬を飲んで解消しようと思って…」そんな簡単に解消できるものではないのです。社会的要因、環境的要因、親子関係、家庭環境、生活習慣、ストレス、心理学、栄養学、脳科学…こういったありとあらゆる要素がからみあう複雑な問題が風俗や性の依存なのです。私の場合専門的にではないのですがまた、上記のようないくつもの学間の分野の知識を横断して風俗依存症を克服しました。風俗依存症に限らず…依存症の分野では学問的研究と精神医学の現場と、依存症の人三者それぞれに大きな隔たりがあると感じています。研究ばかり、机上の空論を振りかざす研究者。依存症の患者を薬漬けにし結果的に食い物にする医者たち。過去の私のような依存症者たち。
そして、
それぞれが最善を尽くした結果かも知れませんが、どれも偏った意見だと感じられる部分が多数あります。
しかし、この本はあくまで私の経験に基づいたものです。確かに、私が依存症を軽減するにあたって書籍からの知識や医学的な体験なども大変役立ちました。その経験を通して得た風俗依存症の改善法を体験談などを交えてなるべく簡単に書くよう心がけました。実は、依存症克服はとてもシンプルです。それを、必要以上に難しく教えている本や学者も問題ですし、日本という社会環境が風俗依存症を生んでいる面もあります。風俗依存症なのはあなたのせいではないので安心してください。風俗依存症は乗り越えられます。借金の問題も、罪悪感などのいまは、奥さんや心の問題も、彼女にバレる心配ももしかしたらあるかもしれません。

それにこんな不安もあるのではないでしょうか?「風俗依存症を克服するとセックスや性の快感をもうこれから得られないってこと?」そう不安になるかも知れません。しかし、それは大きな誤解です。セックスや性を大いに楽しみながら辛い依存の罪悪感と性衝動とは無縁の爽快な生活ができるのです。そう、ちょっと考えを変えるだけなのです…性に関しての悩みを解消するために私の経験と知識を使ってください。この本が、あなたが依存症を克服し人生をより素敵なものに変えるヒントとなることを願っています。

鮮烈初SEX体験!
風俗依存症になってしまった

1.非モテの22歳童貞がペニスをヴァギナに挿入私の風俗依存のスタートはもうかれこれ16年ほど前、22歳の時でした。以前存在していた群馬の伝説的な裏風俗地帯で快楽の世界に目覚め当時童貞だった私が一気に…裏風俗にドップリと浸かりました。それはそれは、いま思い出しても官能的な素晴らしい世界でした。私は頭の99%をSEXに『エロ』と完全に支配されていたのです…そうなるまでのお話しを少しだけいたします。顔も性格もバッとしない正直さえない男。それが私です。なのに惚れっぽく、いつも暴走気味に
いきなり告白がいつものパターンでした。当然、何度も何度も撃沈しました。めげずに告白し続けた結果…20歳の時に初めての彼女が出来ました。人生で初めて、胸がキュンとなる体験をしたほど強烈な恋でした。

エッチしたリ家のベランダでバックで突きまく

その時までは『胸がとするなんてキュン』比喰表現だと思っていたのですがそんな女性の実在に衝撃をうけました。それくらい激しい恋心でした。その彼女と話すだけでギンギンに勃起ガマン汁が出るという貴重な経験もしました。そして、人生で初めて、女性と手を繋ぎました。繋いだ手の暖かさと柔らかさに私は極度の性的興奮を覚え、手を握っただけでまたもや全力で勃起しました。しかし、あっけなく
フラれました。彼女とは付き合う前の約束がありました。実は、

お試し彼氏”

だったのです。彼女の気持ちを掴むことはできないままたった2ヶ月の交際期間は終わり正式な恋人とは呼べない彼女でした。恋に破れた私は就職しました。そうして、童貞の私は就職と同時に群馬県に住み始めたのです。私の住んでいた当時の群馬県は実は裏風俗のメッカでもありました。遠く都内や県外からも足しげく通っている常連も多い穴場スポットでした。『裏とはその名の通りな風俗でした。風俗』非合法出会って数分で性器と性器を結合。そして鷹内に射精することが可能な性風俗
·売春です。
バラつきはありましたが群馬県の風俗の女性は都内と比べても全体的に若くて可愛く、ハイレベルでした。ときには超絶な美人もいました。(ちなみに今は、警察の介入で太田の裏風俗地帯は無くなったようです…)今はなき伝説的なそんな、裏風俗地帯に世間知らずの童貞だった私がやって来ました。私は仕事に疲れきっていました。そして特に何の考えもなくフラッと風俗店に入りました。
「ここは、女性のお店なんだなあ…」
「何屋さんだろう?キャバクラってやつかな?」今の私なら、見てすぐに風俗店とわかるピンク色の萌え系な看板に惹かれ癒しを求めた私は入ってみたのです。当時の私は、女性が癒やしをくれるお店とだけ理解したのです。
しかし、今思えば世間知らずでした。
そこは私の人生を変えた本番店でした。
その直後にまさかセックスすることになるとも思わずに…会計を済ませ、薄暗い和室に案内されました。ほどなくして、笑顔の可愛らしい美しい顔立ちの女性が現れました。歳は若く、おそらく24歳くらいの柔らかい癒しの雰囲気を持った美人でした。私は、その女性に一瞬で心奪われました。自分でもわかるほど、ドクン、ドクンと胸が高鳴りました。締麗だ…女性は、テーブルの向かいに座り挨拶をしました。
「今日はお仕事おやすみですか?」などと、軽い会話をしました。今になって思えば、私の緊張が伝わっていたのでしょう。
相手の女性もかなり緊張していました。
言葉に詰まった女性はこう言いました。そろそろ、始めましょうか…そう言うと、おもむろに女性は服を脱ぎ始めました。

誤解のうえに成り立

オレンジ色の優しく妖しい照明に女性の滑らかで美しい肌が露わになります。え??どういう事?私は、出会って数分の若い美人女性が服を脱ぎ始める現実に混乱していました。その時の私は22歳で童貞。しかも、今まで大学時代のお試し彼女の手に触れたことしかありません。もちろんアダルトビデオやヌード写真以外で女性の裸を見た事もありませんでした。女性が下着姿になった頃…わたしは現実を理解し始めました。ここは、風俗店だ…
現実を飲み込んだころ全裸の美女に促されるまま私もたどたどしく全裸になりました。
薄暗い室内美しい女性の裸体が妖しくそして美しく浮かび上がります。裸になってからわかりましたがその女性は大きなバストでした。巨乳好きの私は本当にきれいだと思いました。そして彼女はくびれたウエストをもち素晴らしい肉感的なスタイルで女性らしい美しさを存分にアピールしていました。Fカップほどはあるように見える豊満な乳房……見るだけでも柔らかく適度なハリがあることが一目見てわかりました。また、ウエストからお尻にかけての曲線…すべてがなんとも形容し難い美しさで私は緊張のあまり彼女の身体をちゃんと見る事が出来ません。恥ずかしいほど、私は興奮してそしてかつてなく力強く勃起しました。
そして、うながされるがままに私は3枚ほど並べられた座布団の上に横たわり女性が私の全身を舌や手で丹念に刺激しました。
手や、足や胸を刺激されました。女性が男性を愛撫するという未知の行為に衝撃を受けました。その愛撫の度に、私は恥ずかしいほど大きな声をあげて悶え身をよじり感じました。わたしは、全身をビクンビクンさせていました。そして、刺激のポイントが股間に迫ってきます。女性の手や舌がそして、徐々にペニスの周辺を触り始めると…さらに強力な性感に夢中で感じました。そして、ペニスの愛撫がさらに激しさを増すと私のペニスを美しい女性の口が包み込みました。AVでしか見たことのないフェラチオでした。私は、快感のあまりにうわっ!!あぁあん!!!と情け無い声をあげました。
かつて味わったことのない濃厚でとろけるような暖かい感触が上下左右から執勘に私のペニスに繰り返されました。
それは、私がそれまでに自らの手でしていた稚拙極まりないオナニーの数百倍の快感をもたらしました。言葉にできないほどの快感に襲われながら女性の愛撫に身を任せ悶えて声をあげ続けました。あああつ!!っあ!!…あなたは、男性が声をあげるほど感じる事があるなんて信じられないかも知れません。
私は今まで何度も経験しました。しかし、本当に激しい快感に襲われると男性でも我慢出来ずに声をあげてしまうのです。その方法についても、後ほど説明しますが…それはさておき、私は美しい女性がする素晴らしいフェラチオの虜になりました。声をあげ、快感に身を任せて悶絶し、
身もだえていました。おもむろに女性は私に聞きました。すると、「どうしますか?上がいいですか?下がいいですか?」状況が良く分からないことと風俗店のことがわかっていない自分はなんのことかよくわかっていませんでした。
快感で膝龍とした意識の中で素股ってやつかな??と考えました。風俗に本番はないと世間知らずながらなんとなく知っていたからでした。私は下でと答えました。不慣れな自分はそのまま下でひたすら快感に身を委ねるのがいいと思いました。すると、彼女は身体を起こしました。仰向けになった私を跨ぎこえるようにして両膝をつき上体を起こします。
さっきまではフェラチオされていてよく見えなかったのですが…女性の美しい顔立ちが薄明かりに浮かびました。
私は女性の美しさに釘付けになりました。そして、大きなFカップバストとウエストのくびれからヒップまでの悩ましい曲線が浮かび上がりました。
さらには女性らしい適度な肉付きの太ももが見えました。数秒の間、彼女はそのままの姿勢ですこし止まったあと、私のペニスをゆっくりと丁寧に自分の体内に挿入しました。さらなる快感に私は悶絶しました。T!!!!美女と出会ってから、おそらくたった10分ほどの出来事でした。美女の柔らかすぎる体内に私のギンギンに勃起したペニスが挿入されました。何が起こったかわからないほどの私は、快感につつまれはうう…うあぁあん!!!
激しく声をあげました。
恥ずかしさと精神的興奮が絶頂に達し私は両手で自分の顔を覆い隠しました。グラマラスな美女の体内に私の身体が…一番敏感な私の性器があるのです。モザイクつきのAVばかり見ていた私には脳の理解を超えた現実でした。ペニス+ヴァギナ。美女と-13cmまで接近しました。しかも、相手は美しい顔立ちのエロい身体つきの巨乳美女。彼女は声をあげ、ゆっくりとそして柔らかく腰を振ります。女性のあん、あぁん!という悩ましい端ぎ声が聞こえます。女性の初めて間く声に極度に興奮しました。私は両手で顔を覆いながらわたしも興奮の極致で端ぎ声をあげました。
おそらく3分ほどの後に私は『自分のペニスが美女に挿入されている』という現実を理解しました。そして、僅かな冷静さを取り戻してきました。私の心臓は激しく鼓動していました。興奮の中、勇気を出して女性の身体を触りました。

      亀頭を取り囲む溝に恥垢が溜まります
      しかもその原因があ
      彼女のテクニック


風俗に行った時は本 私が力をゆるめるとお尻の穴 挿入を始める声を洩